LOVE YOURSELF

現役Webライターが綴る、仕事のこと、猫のこと。

【猫飼い必見】新型コロナウイルスは猫に感染しないのかQ&A

寝転ぶ猫 photo by photo AC
[最終更新5/8 16:00]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が犬や猫にも感染するという誤った情報が広がっています。

新型コロナウイルスは犬や猫にも感染することが確認されています。

背景には、香港の犬から陽性反応が出たという報道や、中国の一部で犬や猫が処分されているというショッキングな報道が関係しています。この記事では、信頼のおける情報ソースをもとに、新型コロナウイルスとネコに関わる最新の情報をまとめています。

 

参照元とする主な機関▽

(2020/05/08更新)※新型コロナウイルスにかかわる情報は日々更新されています。詳しい発表や報告は公的機関HPを参照し、誤った情報や古い情報に注意してください。 

 

 

新型コロナウイルスのペットの感染について

猫_本 photo by photo AC

猫オーナーが気になりやすい情報をQ&Aで分かりやすくまとめました。新型コロナウイルスとペット(猫)の関係について正しい理解を深めるための参考にしてください。

 

Q1.新型コロナウイルスは猫に感染する?

A:感染します。ただし、感染した場合の症状は軽度の呼吸器症状とされており、重篤な症状への進行は現段階では確認されていません。研究機関の実験では、猫とフェレットへの感染が確認されました。

 

Q2.猫から人に新型コロナウイルスがうつることはある?

現段階では確認されていません。

 

Q3.猫にもコロナウイルスがあるって本当?

A:本当です。ただし、猫コロナウイルスの病原体(FCoV)は、新型コロナウイルス病原体(SARS-CoV-2)とは異なるウイルスです。

 

Q4.猫コロナウイルスは犬や人にうつるの?

A:うつりません。猫コロナウイルスはネコ間でのみ伝染し、種を超えて感染することはないとされています。

 

Q5.新型コロナウイルスが突然変異するかもしれないって本当?

A:本当です。ただし、その可能性は極めて稀であることがAVMA(アメリカ獣医師会)やWSAVA(世界小動物獣医学会)から発表されています。

 

Q6.新型コロナウイルスが突然変異したら猫に感染する可能性はある?

A:すでに、新型コロナウイルスの猫への感染が確認されています。ウイルスが突然変異して今以上の感染能力をもった場合、人以外の動物へ感染する可能性はゼロではないとされています。

 

Q7.新型コロナウイルスの媒介って何?

A:媒介とは、ウイルスである病原体を一時的に保有し、接触などから他の生物に感染させることをいます。感染者と感染者の間でウイルスを運ぶ役割を担ってしまうのが、媒介者です。通常、媒介者はウイルスに感染せず、体内や体表に病原体を保有しているだけの状態です。

【感染者と媒介者が接触】

     ↓

【媒介者がウイルスを保有】

     ↓

【他の生物に接触して感染させる】

 

Q8.猫が新型コロナウイルスの媒介をすることはあるの?

A:現段階において、猫が新型コロナウイルスの媒介者となる可能性は否定されています。

 

Q9.猫が新型コロナウイルスを家に持ち帰ってくることはあるの?

A:猫が新型コロナウイルスを外から家に持ち帰り、媒介する可能性はゼロではありません。外から帰ってきた猫が新型コロナウイルスに感染し、室内飼いの同居猫へ感染を広げる可能性もあります。

 

Q10.猫を外に出しても平気?

A:AVMA(アメリカ獣医師会)やWSAVA(世界小動物獣医学会)の見解によると、猫の衛生環境をきれいに保ち、室内飼いとすることが推奨されています。

 

Q11.猫との接触は控えるべき?

A:人間と猫で感染しあう人畜共通感染症(動物由来感染症)を考慮した接触ならば問題ありません。人畜共通感染症の感染リスクをともなうような過度な接触は控える必要があります。

関連記事:人畜共通感染症について-Coming Soon-

 

Q12.新型コロナウイルス予防になる猫のワクチンはある?

A:ありません。なお、犬コロナウイルスのワクチン接種を受ける犬オーナーが増加していますが、犬コロナウイルスワクチンは新型コロナウイルスに対する効果は認められていません。猫においては、猫コロナウイルスを予防するためのワクチンは開発されていないのが現状です。

 

Q13.最新の実験で猫に新型コロナウイルスが感染したって本当?

A:JBVPの発表によると本当です。ただし、この事実は大量のSARSコロナウイルスを気管内に摂取するという、自然界では起こりえない実験的な条件のもとに出た結果です。感染した猫は重大な病気に発展せずすぐに感染から回復するとされているため、一般家庭の飼育環境において、特別な対応は必要ないとされています。

⇒猫とフェレットへの新型コロナウイルスの感染が確認されています。

 

Q14.新型コロナウイルスから猫を守るために何をすればいい?

A:外に出さず、室内飼いを徹底してください。人混みに連れていかない、外猫との接触避ける、家族に新型コロナウイルス感染者がいれば猫との接触を避けることが大切です。人間が新型コロナウイルスを外から持ち込まない意識が大切です。

 

Q15.飼い主が新型コロナウイルスに感染したら猫はどうすればいい?

A:まずは行政の指示に従い飼い主が適切な行動を心がけてください。症状が軽症で自宅療養できる場合は、猫との過度な接触を避け、飼い主自身がいつもどおり世話をしてください。

 

Q16.飼い主が新型コロナウイルスに感染して入院したら猫はどうする?

A:医師や保健所の指示に従ってください。第三者による適切な飼育管理を行う必要があります。東京都では、ペット保険の『アニコムホールディングス株式会社』によるペットの預かりプロジェクト『#StayAnicom』が実施されています。

東京近郊にお住まいでペットの預かり先がなく困っている方は、一度相談してみてください。『#StayAnicom』は東京以外の居住地域からの預かりも随時検討しているとのことです。

詳しくは公式HPの情報をご参照ください。

www.anicom.co.jp

 

 

PICK UP!猫オーナーが知るべき最新情報と要点▽

www.l-yourself.work

このほか、新たな発表や声明があった場合は随時情報を更新していきます。新型コロナウイルスの猫への感染や、猫オーナーが知っておくべき要点は上の記事で詳しく解説しています。 

  

まとめ

新型コロナウイルスから猫ちゃんを守るには、新型コロナウイルスとペットにかかわる情報を、飼い主が正しく理解することが大切です。冷静な判断と落ち着いた行動で引き続き感染予防を行い、衛生環境を整えて猫ちゃんに必要なケアをしてあげてください。

 

(2020/05/08更新)※新型コロナウイルスにかかわる情報は日々更新されています。詳しい発表や報告は公的機関HPを参照し、誤った情報や古い情報に注意してください。