LOVE YOURSELF

現役Webライターが綴る、仕事のこと、猫のこと。

フリーランスに猫がおすすめって本当?猫を飼うと起こる9つのメリット

手を挙げるネコ photo by photo AC

 まもなく1歳になる愛猫(マンチカン♂)と暮らすウェブライターのShimaです。猫は人間を心理的・身体的に癒してくれることが科学的に証明されていますね。今回は、フリーランスのライターが実感した、猫と暮らすメリット・デメリットをまとめていきます。

私自身、家で猫と過ごす時間が長いので、フリーランスや専業主婦の方など、在宅がちな人ほどよく当てはまるのではないでしょうか。猫を飼おうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

フリーランスが猫を飼った!生活はどう変わった?

フリーランスが猫を飼うと生活リズムが変わり、業務効率にも影響がでます。

そもそもペットを迎えるということは、これまで自分や家族、仕事に費やしていた時間の一部を、ペットのための時間にするということ。人間優位だった生活に共存すべき存在が加わるため、毎日のルーティンは大きく変化します。

 Shimaの場合、猫を迎えたことで生活にメリハリが出たように感じます。率先してお世話や掃除をしているうちに、そうした行動がルーティン化され、気付けば仕事も家事も以前より効率良くこなせるように。やるべきことが増えたのに猫との時間や自分の時間をしっかり作れるようになったことに、驚きと喜びが大きいです。

 

さっそく、家にいる時間が長いフリーランスという視点から見た、具体的なメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

家に長くいる人が猫を飼って得られる9つのメリット

鏡の前で遊ぶ猫 photo by photo AC

家にいることが多い人が猫を飼うと、次のようなメリットがあります。

 

1.癒しをもらえる

猫を撫でることで、人間の脳は「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンを分泌することが研究により明らかになっています。海外では猫の癒し効果に着目した論文が数多く発表され、国内ではセラピーキャットの存在も広がりつつあります。「可愛いな」と感じながら一緒に生活しているだけで、変化が少ない毎日も幸せに満ちた日々に感じられるでしょう。家にいることが退屈、窮屈と感じている人も、猫といるだけで幸福感を得られます。

 

2.孤独感が減る

猫は人間と共生できる動物です。つかず離れずの距離感で「ここにいるよ」と知らせてくれるので、生活に寂しさを感じている人は猫と暮らすことで孤独感を軽減させられます。恋人がいない、心を許せる友達がいないという人は、良きパートナーとして猫を迎えてみるのも良いかもしれません。

 

3.生活リズムが整う

決まった時間・ペースで猫のお世話を続けていると、自分の生活リズムが整いやすいです。昼夜逆転しながら仕事をしてしまう人や、生活リズムにメリハリがない人は猫と暮らすことで規則正しい生活リズムを身につけられるでしょう。体内時計を正常に働かせて早寝早起きを実施できれば、1日を良いスタートで始め、仕事のパフォーマンスを高められます。

 

4.健康を気遣えるようになる

家族になった猫を大切に思うほど、自分の健康に気を遣うことができます。なぜなら、その猫をよく知り、必要なお世話をしてあげられるのは自分自身だからです。自分に万が一のことがあれば「猫のお世話を十分にしてあげられない」「寂しい思いをさせてしまう」といった気持ちから、自身の健康を第一に考える人は大勢います。無理をしがちなフリーランスや専業主婦は、猫との暮らしで「健康であることの大切さ」を見つめ直すことができます。

 

5.部屋が片付く

誤飲やケガを防ぐため、猫の口に入ってしまいそうな雑貨や危険なものを片付ける習慣が身につきます。生活のなかで猫の安全を意識できると「出したものは片付ける」「床に物を置かない」など片付けの基礎が身につくこともあります。猫のために行っているはずが、知らずのうちに自分も居心地の良い環境作りができてしまうなんて素敵ですよね。

 

6.効率良く動けるようになる

仕事や家事・育児に追われて多忙ななか、猫のお世話が加われば、限られた時間でより多くのことを済ます必要があります。部屋の掃除や食器洗いなど今まで何気なく行っていた習慣も、「どうすればもっと早くできるか」と考えられるようになるので、仕事や家事を効率良く進められるようになります。やるべきことが早く終わった分、猫との時間や自分の時間を確保できるので、ストレスなく自分の行動を見つめ直せます。

 

7.無駄な時間が減る

フリーランスや専業主婦は、やるべきことが絶えないもの。「仕事や家事をどこまでやるか」は、実はすべて自分のやる気次第です。「時間がないから」といってやるべきことを後回しにしている人は、猫との生活で1日のルーティンを整えれば、メリハリある行動で時間の無駄を減らせます。ついSNSや動画を見てしまうという人ほど、生活に変化が出やすいのではないでしょうか?

 

8.怠惰な思考を持ちにくくなる

メリハリある生活が送れるようになると、自然と気持ちや思考が前向きになりやすいです。家にいても仕事や家事に対して積極的になれるので、「面倒くさい」「やりたくない」といったネガティブな思考は少なくなっていきます。

 

9.初対面の人とのコミュニケーションのきっかけになる

初対面の人と交流があったとき、ペットの話題になることって多いですよね。家にいることが多い人は毎日の生活で話のネタを見つけるのも一苦労ですが、おもしろい行動や可愛い仕草を見せてくれる猫と暮らしていると、人との会話も自然と弾むようになります。

 

家に長くいる人が猫を飼ってデメリットに感じやすいこと

嫌がる猫 photo by photo AC

もちろん、猫を飼うことで大変に感じるポイントもあります。とくに、家にいる時間が長い人は猫と過ごす時間も多いため、それゆえのデメリットが生じやすいといえます。

 

猫の本能による要求

猫は、「飼い主に何かしてほしい」という要求があれば鳴き声や行動でアピールしてくることもあります。その度合いや特徴は猫により異なりますが、鳴くことが得意な猫は要求が通るまで鳴き続けるなんてことも珍しくありません。猫と過ごす時間が長い人ほど、猫の要求がエスカレートすれば精神的な負担を感じてしまう場合もあるでしょう。猫の習性や適切な飼育方法を知り、その子の個性をよく理解したうえで接してあげることが大切です。

 

ケガや病気をした場合の負担

人間が骨折や風邪で病院を受診するように、猫もケガや病気が見つかれば病院へ連れて行く必要があります。入院や手術を伴う場合は治療にかかる費用がかさむ、通院回数が増えるなどの負担がかかりますが、「病院は猫を飼育するうえで避けては通れないこと」と覚えておきましょう。

 

抜けた毛の掃除

猫の毛は軽く空気中に舞いやすく、一年を通して生え替わっていることから衣服や寝具、家具の下などに溜まりやすいです。そのため毎日の掃除機や粘着クリーナー掛けが必須で、生活環境によっては洗濯の頻度も上がります。

 

 

まとめ(おさらい)

在宅がちな人が猫を飼う9つのメリット
  • 毎日癒される
  • 孤独ではなくなる
  • 生活リズムが整う
  • 健康を気遣えるようになる
  • 部屋が片付く
  • 効率よく行動でるようになる
  • 時間の無駄が減る
  • 毎日を気持ち良く過ごせる
  • コミュニケーションのきっかけになる

 

在宅がちな人が猫を飼う前に知っておきたいデメリット
  • 猫の構ってほしいアピール
  • 必要に応じて病院へ連れて行く必要があること
  • 掃除の負担が増すこと

 

フリーランスは自己管理やモチベーションコントロールが欠かせない働き方です。猫を飼うことで日々癒しをもらい、お世話をつうじて無理なく生活リズムを整えることができれば、これほどまでに嬉しいことはありません。猫との時間を作りたいがために仕事ややるべきことを効率良く終わらせられるようになれば、生活を充実させ、猫を飼うフリーランスや専業主婦の鑑(かがみ)となる日も近いです。

家に長くいる人が猫を飼う場合は、今回ご紹介したメリット・デメリットをよく把握して、猫も人も幸せな生活を送れるよう尽くしていってくださいね。